1. HOME
  2. 学区調査
  3. 名東区の学区
  4. 名古屋市立 藤森中学校区(藤が丘小学校・本郷小学校・豊が丘小学校)について
名東区の学区

名古屋市立 藤森中学校区(藤が丘小学校・本郷小学校・豊が丘小学校)について

今回の記事では 藤森中学校 区を紹介していきたいと思います。

藤が丘小学校・本郷小学校・豊が丘小学校

お子様がいるご家庭が住宅を選ぶうえでポイントになる、通学区。
今回の藤が丘小学校・本郷小学校・豊が丘小学校のご紹介です。

藤森中学校 区付近の情報

藤森中学校
上写真:藤森中学校

藤森中学校 周辺の交通環境

愛知県の名古屋市名東区に位置している藤森中学校区は、住環境と充実した公共交通機関の利便性により常に高い人気を誇っている地域です。

オフィス街からの距離が近い事もあり名古屋市中心部のオフィスで働く方に好まれる事も多いのですが、その中でも藤森中学校区は最寄り駅の本郷駅・藤が丘駅・はなみずき通駅・上社駅から近く東山線・愛知高速交通東部丘陵線など駅が多く、2路線4駅利用可能な上、東山線はオフィス街である名古屋駅・伏見駅・栄駅まで直通です。

他にも愛知高速交通東部丘陵線は八草駅へ直通、豊田市などの職場にも移動可能ですし、東山線は各方面に移動が可能な為、複数のターミナル駅から県内主要駅まで通っていることから、名古屋市外と名古屋市内といった職場の離れたご夫婦でも利便性が高いことが挙げられます。

また車の場合でも名古屋高速の高針ICと近く、名古屋第二環状自動車道本郷IC、東名高速名古屋ICなど進行方向に対して選べるので移動は格段に便利です。

日常でも東山通・名古屋中環状線・長久手西通り・環状2号線・出来町通・岩藤名古屋線・旭街道などの一般道も整備された四車線が利用できるという事も相まって、中心部の電車通勤と車通勤等、ご夫婦で通勤方法が違い、職場が離れている方や車利用の多い方等に特に支持されています。

藤が丘小学校
上写真:藤が丘小学校

このようにビジネスシーンの充実は当然のことですが、勿論プライベートシーンの充実も先程挙げた高速道路が近い事、名古屋駅・栄駅・伏見駅が直通、地下鉄で主要ターミナル駅に近い事からドライブや新幹線などの旅行がどちらも充実させられます。

空港も名古屋駅から一本で行ける事も大きな魅力と言えるでしょう。私生活の充実した住環境なのは藤森中学校区のいい所です。

藤森中学校 区付近のレジャースポット

また公共交通機関などの充実の他に徒歩圏内やバス・電車で移動できる範囲に魅力的な施設が多数点在している事も挙げられます。

例えば、小さなお子様を育てている場合、休日などに出かければ家族揃って楽しめるスポットとして嬉しい猪高緑地は、昆虫の有名な場所です。特に夏にはカブトムシやクワガタを見ることができる名古屋市内では珍しい場所です。お昼は家族でハイキング!

お子様は野鳥や昆虫というような普段触れ合うことが難しいもので、図鑑とにらめっこなんてことをするのも楽しいかもしれません。親御様からすると学問に対する入りとして非常に良い機会とお考えいただくこともできるかもしれません。

季節によっては夜からの冒険というのもお子様には堪らないかもしれません。先ほど挙げさせていただいた様にカブトムシやクワガタが有名です。

流石に県外まで行けば、いる場所は沢山ありますが、なかなか会える場所は限られているのが名古屋市の現状です。それも猪高緑地が近くにあれば解決しますので、ある意味近隣に住む人の特権ですね。

本郷小学校
上写真:本郷小学校

また、近隣の明徳公園ではお子様専用のキャンプ場が併設されており、フィールドアスレチック風の大型遊具や明徳池など自然環境に恵まれているので、お子様の情操教育の場としても活用できます。

キャンプは誰かと協力することで、人への接し方、そしてそれの重要さにも気付きになりますし、自分で調理する事で普段何気ない家での食事への感謝や食材への感謝まで目を向ける広範囲な視野を得るきっかけになるはずです。

他にもカワセミやアオサギ・カブトムシやシオカラトンボも見ることができますので、上述の猪高緑地と併せて昆虫観察・野鳥観察と楽しんでいただけるのも魅力です。

そのような場が設けられているのは名古屋市内でも明徳公園だけですので、成長への一助となること間違いありません。

他にも名東スポーツセンターは、名古屋市名東区の閑静な住宅地、猪高緑地の敷地内にあるスポーツセンターです。個人利用が可能で市営なのも相まって低価格で色々な競技を学ぶことが可能です。弓道・アーチェリー・陸上競技・水泳と幅広く学ぶことも可能です。

当然トレーニング室も完備しておりますので、子供の頃から運動好きなお子様にはピッタリ!施設は整備されているのでいつも小さな子ども達が思い思いに運動をして楽しい思い出を作っています。

豊が丘小学校
上写真:豊が丘小学校

藤森中学校 区の生活環境

また、「マックスバリュ藤が丘店」や「成城石井 名古屋藤が丘エフ店」・「Felna 富が丘店」・「トップワン 本郷店」・「平和堂 長久手店」・「清水屋 藤ヶ丘店」・「コープ 上社店」等スーパーの種類も豊富で、近隣で買い物も楽しく簡単に終わらせられます。

郵便局も24時間受付をしている「名東郵便局」に「名古屋藤丘郵便局」・「名古屋豊が丘郵便局」・「名古屋上社郵便局」・「名古屋猪高台郵便局」・「名古屋森孝郵便局」と中学校付近に豊富な郵便局があり、病院も「愛知医科大学病院」・「紘仁病院」・「森孝病院」等大きな病院も複数あり何かあればすぐに対応可能な利便性です。

周辺には「健峰幼稚園」や「サクラキッズインターナショナル」・「アスク名東藤が丘保育園」・「シャイニー・キッズ保育園」・「東名幼稚園」・「藤が丘保育園」・「藤が丘 にじのこども保育園」などの教育機関や「クリエイトS・D 名古屋藤が丘駅前店」や「マツモトキヨシ 藤が丘駅前店」・「スギ薬局 富が丘店 350号店」・「スギドラッグ 猪高台店」・「B&D 藤が丘南店」・「B&D 豊が丘店」・「V・drug藤が丘北店」をはじめとした施設が充実していますので、子育て環境が良好です。

藤森中学校 区周辺の飲食店

そして、藤森中学校周辺は飲食店の数も豊富で、隠れた名店にも出会えるのが良いですね。

もし甘味を好まれる方なら私がオススメするのは、『THE THREE O’CLOCK CREPE』です。『THE THREE O’CLOCK CREPE』は昨年の12月にオープンしたばかりの出来立てほやほやのお店。

ふわっふわの生クリームがたっぷりで、盛り盛りな見た目がSNS映え間違いなし!なクレープ店。

場所も地下鉄「藤が丘」駅から降りてすぐの、スーパーマーケット「マックスバリュ藤が丘店」の1F外。今のご時勢にも合うテイクアウトオンリーのお店です。クレープの種類も豊富ですが、それ以外に嬉しい明宝ジェラートが食べれるお店でもあるんです!

明宝ジェラートといえば郡上八幡の有名ジェラートですので、それが名古屋で楽しめるのは嬉しい限り。とろとろの食感が食べていて楽しいです。さらに素材を活かした生フレッシュジュースなども味わえます。お買い物のついでにふらりと立ち寄って食べられるのがいいですね。勿論メインのクレープも忘れてはいけません。

こちらのクレープは比較的太短くて、口が大きく開いたブーケ状の形になっているのが特徴的。具だくさんですが、プラスチックのスプーンがついてくるので食べやすさにも配慮されているのが嬉しいですね。クレープが好きな方なら是非一度訪れてみてください。近くにはベンチもあるのでゆっくり楽しめます。

また、最新のスイーツといえば台湾カステラですが、そんな台湾カステラのお店が「藤が丘」駅北側出口すぐそばに昨年の8月にオープンしました。名前は『つきぐまカステラ』他の台湾カステラとは一味違った本場仕込みの製法で提供する注目のお店。

ティースタンド『百華茶』に併設されているお店で、どちらもタピオカドリンク専門店『flor flor(フロルフロル)』の系列です。

金山の『カストーロ』や星ヶ丘の『ミスターハッパフィールド』など、名古屋でも提供するお店が増えてきた「台湾カステラ」ですが、『つきぐまカステラ』の特徴は本場・台湾と同じ特大バットで巨大カステラを焼き上げる製法にこだわること。

そして誰もが安心して食べられるように、膨張剤や化学添加物のかわりに乳酸菌を使用しているんです。

数量は平日100個・土日祝日150個の限定販売で事前予約は不可なので、購入するときは注意が必要です。ですが、製法を考えてもお子様がいる家庭では安心して食べられる『つきぐまカステラ』は嬉しい限り。

ご友人とのお茶会。ちょっとした手土産。ご家族でのデザートと色々な場面で活躍してくれそうなカステラですので、是非一度ご利用してみてください。

そんな食道楽を楽しませてくれるのは名東区内でも藤森中学校区地域ならでは。

藤森中学校 区エリアの特徴

ですが、そんな藤森地区も少し見かたを変えると別の街へと早替わり、近くのには「明徳公園」や「猪高緑地」・「杁ヶ池公園」・「愛・地球博記念公園」と公園が多くあり、閑静な住宅街そのもの。

その上駅近なので、利便性も抜群。もしお子様が小学生であれば通学する藤が丘小学校・本郷小学校・豊が丘小学校までは僅かな距離の徒歩移動という近さですし、中学生になった際にもおよそ半径1km圏内で到着する距離がほとんどなのも珍しい距離感です。

何故なら人口が多いこともあり、小学校・中学校が多い傾向にある為、必然的に距離が近くなるからです。なので、お子様の成長も安心して見守れる魅力は名古屋市内でも希少な環境です。通学に際し負担が無く全てにおいて利便性と住環境に恵まれています。

以上のことから藤森中学校区というのは私生活のオアシスといった様相であるので現在の人気を常に誇っているというのが現状でございます。

藤森中学校 の校章・校訓と生徒数やクラス数

■校章

校章

藤の花びらを三枚組み合わせ、デザイン化したものです。

 藤森中学校の教育目標である、「知」「徳」「体」の調和と統一のとれた人間形成を願って制定しました。また、この学区は三つの小学校(藤が丘小、本郷小、豊が丘小)からなり、それぞれの学校の卒業生がよく協力しあって藤森中学校の発展をささえている意を含んでいます。

■校名の由来
昔、このあたりは、藤の花の咲く美しい里でした。江戸時代には尾張国愛知郡藤森村と呼ばれ、藤森村の名は明治23年に隣接の村との合併により消滅するまで続きました。

 約100年後、昭和55年4月に猪高中学校東部分校が独立するにあたり、その学区が奇しくも昔の藤森村と一致しました。この不思議な因縁もあり校名を藤森中学校と名づけられました。

 家の名前が現在の町名に残されているものもあり、すっかり変わってしまった地域にも、よく見れば昔の面影を見つけることができます。

■特色
本校は名古屋市北東部、藤が丘に位置します。保護者の転勤による転出入が非常に多い学校です。

 昭和55年開校。ブロックの小学校は藤が丘小学校、本郷小学校、豊が丘小学校の3小学校です。

 知・徳・体の調和のとれた人間形成を教育目標とし、自ら問題を解決しようとする生徒の育成を目指しています。また、地域清掃や職場体験学習などを通じて、地域とのかかわりに対する意識、ボランティア意識の高揚にも努めています。

■校歌碑

校歌碑

■校歌
作詞 柴田 正司 作曲 川島   博

春かすむ 尾東の里に あおによし
奈良にいそぐ 供物使の
そのおもかげや いまいずこ
におう桜に 日は映えて
希望にもえる ひとみあり
友よ、個性の ひかり輝かさん

紺ぺきの 大空高く わきあがる
入道雲に わだつみの
はげます声や 血はおどる
友とかたりぬ その抱負
意気に感じて なみだあり
友よ、青雲の 志を抱き誇らん

踏むあぶみ いななく駒の 足ばやに
かける狩場に もののふの
技を競いし 夢のあと
なんきんはぜに 露ひかる
徳をみがきて ひらすらに
友よ、自然のさとし身におさめん

寒気さえ 伊吹おろしに 雲ながる
ゆくてはるけき 猿投山
星霜うつるも 人はあり
こがらし強く 庭をぬく
体きたえて 意志かたく
友よ、明日の 世界に雄飛せん

■創立
1979年(昭和54年)4月
猪高中学校東部方面分校として開校

1980年(昭和55年)4月
名古屋市立藤森中学校として独立開校

■10周年記念モニュメント

10周年記念モニュメント

このモニュメントの3つの球は、それぞれ知育・徳育・体育を意味し、又、三学区(藤が丘・豊が丘・本郷)の地域から構成されていることを示す。球をとりかこむ立体は、保護者・先生・地域の人々、そして学校と携わる人々を意味する。

 それら四つの立体の集合は「心豊かな人間の育成」を願い実行していく学校の姿である。

■教育目標
『真理を探究する態度を養う』 

『豊な人間性を培う』 

『逞しい心と体を育てる』

■令和二年度中学校努力点
『広げよう笑顔 育てよう心- 最適解を考える活動を通して -』

■令和二年度中学校努力点の設定理由
これまで、「観る」「聴く」「伝える」の3つの取り組みの中から、毎年、一つずつ重点的に取り上げ、それぞれの目標の意味を理解させながら、実践を行ってきた。その結果、どのような言葉や表現を使うと相手に伝わり易いかを考え工夫する姿や、聞き手の立場を考えて発表する姿が見られるようになった。そして、言葉が人の心に与える影響について気付き、自分の言葉を見直したり、改善しようと考えたりして、言葉の力を実感している様子も見られた。また、様々な角度、視点、立場などから話をしていただいたことから、子どもたちの視野が広がったり、自分の考え方と比較をして考え方が変わったり、深まったりできるようになってきた。
しかし、失敗を次の成功への前向きな材料と捉えられない生徒や、事象に対して、自分が判断する理由の視点が少なかったり、考えが浅かったりする生徒がいる。また、間違いを正す意見を言ったり、正しい行いをしようとしたりしている生徒が、自信をもって行動できない状況もある。
最適解を考える活動 …考える切り口となる「視点」を、生徒自ら気付かせる様々な考えを比較・検討して生徒の考えを深めさせる

■学校長
加藤 治

■学級数と生徒数
(令和2年5月現在)

学年学級数生徒数
1学年5学級154名
2学年5学級166名
3学年5学級169名
特別支援学級2学級6名
17学級495名

藤森中学校 へのアクセス

■所在地
〒465-0047
名古屋市名東区小池町66番地

■連絡先
TEL 052-774-2861  
FAX 052-776-4970

■地下鉄・バス
東山線「藤が丘」駅下車 
1番出口より南西へ徒歩7分

東山線「本郷」駅下車 
EV1番より北東へ徒歩10分

藤森中学校 区の内訳

藤が丘小学校

・明が丘
・朝日が丘
・小池町
・宝が丘
・照が丘
・富が丘
・望が丘
・藤が丘
・藤見が丘

本郷小学校

・石が根町
・猪高町大字藤森字香流
・猪高町大字藤森字森
・上社二丁目
・藤森二丁目
・藤森西町
・本郷一丁目
・本郷二丁目
・本郷三丁目

豊が丘小学校

・猪高町大字藤森字香流
・猪高町大字藤森字森
・高柳町
・藤香町
・藤里町
・藤森西町
・豊が丘

注目記事

オススメ記事

特集記事