1. HOME
  2. 学区調査
  3. 緑区の学区
  4. 名古屋市立 神沢中学校区(戸笠小学校・黒石小学校・桃山小学校)について
緑区の学区
名古屋市立神沢中学校

名古屋市立 神沢中学校区(戸笠小学校・黒石小学校・桃山小学校)について

今回の記事では 神沢中学校 区を紹介していきたいと思います。

戸笠小学校・黒石小学校・桃山小学校

お子様がいるご家庭が住宅を選ぶうえでポイントになる、通学区。
今回の戸笠小学校・黒石小学校・桃山小学校のご紹介です

神沢中学校 区付近の情報

名古屋市立 神沢中学校 の写真
上写真:神沢中学校

神沢中学校 周辺の交通環境

愛知県の名古屋市緑区に位置している神沢中学校区は、住環境と充実した公共交通機関の利便性により常に高い人気を誇っている地域です。オフィス街へのアクセスが良い事もあり名古屋市中心部のオフィスで働く方に好まれる事も多いのですが、その中でも鳴海中学校区は最寄り駅の神沢駅・徳重駅・相生山駅から近くオフィス街である名古屋駅へ直通で移動が可能な為、JR・名鉄両方から県内主要駅まで通っていることから、名古屋市外と名古屋市内といった職場の離れたご夫婦でも利便性が高いことが挙げられます。また車の場合でも名古屋第二環状自動車道の鳴海ICが近く、東海通・名古屋環状2号線・諸輪名古屋線・名古屋中環状線・国道1号線などの一般道も整備された四車線が利用できるという事も相まって、中心部の電車通勤と車通勤等、ご夫婦で通勤方法が違い、職場が離れている方や車利用の多い方等に特に支持されています。

名古屋市立戸笠小学校の写真
上写真:戸笠小学校

このようにビジネスシーンの充実は当然のことですが、勿論プライベートシーンの充実も先程挙げた名二環が近い事、地下鉄で名古屋駅に直通な事からドライブや新幹線などの旅行がどちらも充実させられます。空港も少し移動は必要ですが名鉄名古屋本線から移動すれば名鉄1本で行ける事も大きな魅力と言えるでしょう。私生活の充実した住環境なのは神沢中学校区のいい所です。また公共交通機関などの充実の他に徒歩圏内やバスで移動できる範囲に魅力的な施設が多数点在している事も挙げられます。

神沢中学校 区付近のレジャースポット

小さなお子様を育てている場合、休日などに出かければ家族揃って楽しめるスポットとして嬉しい遊具が盛りだくさんな大高緑地は、大若草山の芝生広場を中心に、ゴーカートが走る交通公園や、ボート、ベビーゴルフ場など、遊びが充実しています!ボートが浮かぶ琵琶ケ池は四季を通じて多くの人が訪れます。大小2つの変形プールをもつ水泳場、全天候型テニスコート14面、野球場3面、花木園、桜の園、児童園、和風庭園(四季の園)など1日たっぷり楽しめます。

名古屋市立黒石小学校
上写真:黒石小学校

他にも小さなお子様を育てている場合、休日などに出かければ家族揃って楽しめるスポットとして嬉しい相生山緑地は、ヒメボタルの有名な場所です。お昼は家族でハイキング!お子様は野鳥や昆虫というような普段触れ合うことが難しいもので、図鑑とにらめっこなんてことをするのも楽しいかもしれません。親御様からすると学問に対する入りとして非常に良い機会とお考えいただくこともできるかもしれません。季節によっては夜からの冒険というのもお子様には堪らないかもしれません。先ほど挙げさせていただいた様に相生山緑地ではヒメボタルが有名です。小さなホタルでありながらチカ・チカと強い黄金色の光を放す、とても魅力あるホタルです。ただし、光る時間帯が午後9時ごろから深夜にかけてとなるため、見に行くのもちょっと大変です。それも近くにあれば解決しますので、ある意味近隣に住む人の特権ですね。場所は相生緑地であれば、ほぼすべての地域で観察する事が出来ます。ただし、最高のイルミネーションの世界が見られるのは数日でしょう。運よくその世界に遭遇できた方は本当に幸せです。当然休日の家族との時間は楽しいものとなるでしょう。

名古屋市立桃山小学校の写真
上写真:桃山小学校

また名古屋市緑スポーツセンターは名古屋市緑区の閑静な住宅地、滝ノ水の南にあるスポーツセンターです。卓球台24台やハンドボール1面、フットサル1面、テニス2面、バスケットボール2面、バレーボール2面、バトミントン10面、レク・インディカ10面があり、他にも柔道・剣道・空手・なぎなた・弓道と幅広く学ぶことも可能です。当然温水プールも完備しておりますので、子供の頃から運動好きなお子様にはピッタリ!小さなお子様の為に水泳教室等も行われており、施設は整備されているのでいつも小さな子ども達が思い思いに運動をして楽しい思い出を作っています。しかも、施設は公営のためとても気軽に利用できる仕組みとなっているので、スポーツ施設に行くよりお得に、かつ専門スタッフが親切に教えてくれる安心感。

神沢中学校 区の生活環境

また、「タチヤ緑神沢店」・「西友鳴海店」・「EQVo!もも山店」・「ヤマナカ 滝ノ水店」・「アオキスーパー 鳴子店」等スーパーの種類も豊富で、近隣で買い物も楽しく簡単に終わらせられます。郵便局も「名古屋螺貝郵便局」に「名古屋黒石郵便局」・「名古屋鳴子郵便局」・「名古屋池上台郵便局」と中学校付近に豊富な郵便局があり、病院も「名古屋市立緑市民病院」・「第一なるみ病院」・「名古屋市緑区医師会・名古屋市緑区休日急病診療所」等大きな病院も複数あり何かあればすぐに対応可能な利便性です。周辺には「池上台幼稚園」や「名古屋市立鳴子幼稚園」・「あけの星幼稚園」・「黒石みどり幼稚園」・「あいかわ保育園」などの教育機関や「スギドラッグ 相川店」や「ウエルシア天白高坂店」・「サンドラッグ 鹿山店」・「スギ薬局 高坂店」をはじめとした施設が充実していますので、子育て環境が良好です。

神沢中学校 区周辺の飲食店

そして、神沢中学校周辺は飲食店の数も豊富で、隠れた名店にも出会えるのが良いですね。もし食パンが大好きな方なら私がオススメするのは『つばめパン&Milk』です。北区尼ヶ坂で話題の「SAKUMACHI商店街」で人気の食パン専門店の2号店で、食パンの専門店ブームの中でその食パンを使ったオリジナルトーストメニューも店内カフェで味わえるハイブリッドなお店。場所は緑区・神の倉の「ドラッグスギヤマ」のすぐ向かいの場所で、駐車場もお店の隣地に完備されているので車での来店も便利です。食パンは北海道・美瑛産の小麦をふんだんに使用した『“絹香”食パン』と、天然酵母を使用し水を使わず牛乳と生クリームのみの水分で仕上げた『“熟香”食パン』が看板商品。またカフェエリアでイートインメニューもこのお店の魅力。20席の明るい光が差し込むスペースが用意されおり、朝のモーニングにはドリンク代プラス200円で小倉餡とバターにホイップまでトッピングされた究極の朝食がいただけます。当然口に頬張った時の多幸感は言葉にすることが難しいほどです。そして当然ランチタイムも気になるところですが、あります!本店でも不動の人気を誇るメニューが。「オムレツサンド」というメニューで、その名の通りオムレツとチーズにマスタードがサンドされたものですが、食パンの良さを最大限引き出すにはこれしか無かったんだと感じるほどです。食べ応えもありますので、女性のランチ兼ティータイムならこちらのお店は最高の時間を提供してくれる貴重なお店ということもありオススメです。

もう1つ押さえておきたいのは、平和堂 グリーンプラザ店に最近できたお店で大阪発のわらび餅が人気の「わらび餅本舗」です。実は愛知県内だと長久手が初進出だったのですが、名古屋市では初出店です。「一度食べるとやみつきになってしまう」「とろとろ食感が忘れられない」など究極とも呼ばれるわらび餅が催事以外で簡単に購入できるのは嬉しい限り。看板商品のわらび餅は、独自配合により一般的な、ぷるぷる食感では無くとろとろの食感が特徴。味が3種類「あずき」・「白あん」・「和三盆ほうじ茶」と展開しており、サイズも3種あるのでお土産や家族でのデザート用、個人的なご褒美にと状況を選ばず使えるのもメリット。また、他の商品も特徴的なので、通いつめて全て制覇したくなるラインナップです。日々のお買い物に行くついでに購入なんて場面も想定できる場所柄ですが、わざわざこのお店のために立ち寄る機会が増えそうな良さがありますね。

神沢中学校 区エリアの特徴

ですが、そんな神沢地区も少し見かたを変えると別の街へと早替わり、近くには有松絞りで有名な「有松」があり、地区一帯では伝統工芸の魅力を深く感じられるお祭り『有松絞りまつり』が毎年開催されます。その上駅近なイメージとはかけ離れた意外に閑静な住宅街となっており、もしお子様が小学生であれば通学する戸笠小学校・黒石小学校・桃山小学校までは僅かな距離の徒歩移動という近さですし、中学生になった際にもおよそ半径1km圏内で到着する距離がほとんどなのも珍しい距離感です。何故なら神沢地区は昔分校が多かったこともあり、小学校・中学校が多い傾向にある為、必然的に距離が近くなるからです。通学に際し負担が無く全てにおいて利便性と住環境に恵まれています。以上のことから神沢中学校区というのは私生活のオアシスといった様相であるので現在の人気を常に誇っているというのが現状でございます。

校章・校訓と生徒数やクラス数

■校章

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: キャプチャ2.jpg

神沢中学校 教育目標
○課題解決に向けて仲間と協力し、自ら主体的に行動することのできる生徒を育成する。
○思いやりをもって行動し、礼儀やマナーを大切にして、感謝の気持ちをもてる生徒を育成する。
○健康でたくましく、粘り強い精神力をもった生徒を育成する。
■校訓
『汗と愛』
1978年1月8日に制定
■神沢中学校 学校努力点
『伝え合い(愛) 気づき合い(愛)』

■神沢中学校 合言葉
『あいさつ・感謝・思いやり』
■創立
1975年(昭和50年)4月1日
名古屋市立鳴子台中学校分校として設立
1976年(昭和51年)4月1日
名古屋市立神沢中学校として分離開校
■学級数と生徒数
(令和元年4月現在)

学年学級数生徒数
1学年5学級158名
2学年5学級182名
3学年5学級166名
特別支援学級2学級7名
14学級513名

■神沢中学校 校歌
水野 穂 作詞
一、求める理想は かぎりなく
流れる汗は おしみなく
肩を組み 声をかけ
共に学ぶ 空の大きさ
あゝ神沢 神沢中学校
二、あふれる希望は かぎりなく
はぐくむ愛は おしみなく
めぐり会い 語りあい
胸に刻む 友の尊さ
あゝ神沢 神沢中学校
三、学びの道は かぎりなく
明日への歩み おしみなく
この丘で この窓で
共に仰ぐ はるか山脈
あゝ神沢 神沢中学校

名古屋市立神沢中学校へのアクセス

所在地
〒458-0014 
名古屋市緑区神沢二丁目1201番地
■連絡先
TEL:052-876-0830
FAX:052-876-9926

地下鉄・バス
地下鉄の場合
地下鉄桜通線「神沢」駅下車 2番出口から南西方向に700m
市営バスの場合
市営バス鳴子16系統「地下鉄鳴子北」乗車
藤田保健衛生大学病院 行き
「鳴子みどりヶ丘」下車 南東600m
「神沢二丁目」下車 北東400m 

神沢中学校 区の評判

保護者 / 2018年入学
総合的にみて良い中学校です。
2019年07月投稿

評価

  • 4.0
    [学習環境 4| 進学実績/学力レベル 5| 先生 -| 施設 3| 治安/アクセス 4| 部活 3| いじめの少なさ 4| 校則 3| 制服 3| 学費 -]
  • 総合評価
    有名進学校への合格実績が多い、支援級もあり障害児も学ぶことができる。やや考え方が古い印象を受けるが、教師の質は高い方だと思います。
  • 校則
    服装に対する考え方が古い印象を受ける。数十年前の考え方は今の時代には当てはまらない。
  • いじめの少なさ
    他校のように自殺者はでていない。表に出ていないだけで陰湿なイジメがあるかもしれない。
  • 学習環境
    ほとんどの生徒が学習塾に通い、授業は復習の時間となる。頻繁にテストがあるので、毎日長時間の学習が必要です。
  • 部活
    学習中心の生活なので部活をやる余裕はない。スポーツは身体を鍛えて、病気にならないためだけにある。
  • 進学実績/学力レベル
    有名進学校への合格実績が多い、名古屋は公立高校がまだ実績が多い方です、
  • 施設
    施設はかなり古く、災害対策が必要です。校庭や体育館も狭くて古い。
  • 治安/アクセス
    周辺は閑静な住宅地で駅から歩いて5分。
  • 制服
    昔から定番化しているセーラー服と詰襟なので、3年は金がかかりません。

学校に関する情報

  • 生徒はどのような人が多いか
    小学校と違って、外国人生徒はほとんどいません。外国人は中学校は義務がないので、裕福な家庭しか中学校には通わせられない。

入試に関する情報

  • 志望動機
    障害児でも通える支援級があり、家族の負担が軽減される。徒歩で5分なので、緊急の場合、すぐ対応できる。

進路に関する情報

  • 進学先
    地元の豊明高校に進学した
  • 進学先を選んだ理由
    子供の成績が悪く、入れるところに入った。
    (みんなの中学情報より引用) 上記リンク有り

神沢中学校区の内訳

戸笠小学校

黒石小学校

桃山小学校

・相川二丁目
・相川三丁目
・神沢二丁目
・篠の風一丁目
・篠の風二丁目
・篠の風三丁目
・高根台
・鳴子町3~4丁目
・鳴子町5丁目
・鳴海町
・久方三丁目
・ほら貝一丁目
・ほら貝二丁目
・ほら貝三丁目

・黒沢台一丁目
・黒沢台二丁目
・黒沢台三丁目
・黒沢台四丁目
・黒沢台五丁目
・鳴海町

・梅里一丁目
・梅里二丁目
・神沢一丁目
・神沢二丁目
・久方二丁目
・桃山一丁目
・桃山二丁目
・桃山三丁目
・桃山四丁目

注目記事

オススメ記事

特集記事