1. HOME
  2. 学区調査
  3. 緑区の学区
  4. 名古屋市立千鳥丘中学校区(片平小学校・浦里小学校)について
緑区の学区

名古屋市立千鳥丘中学校区(片平小学校・浦里小学校)について

今回の記事では千鳥丘中学校区を紹介していきたいと思います。

千鳥丘中学校区(片平小学校・浦里小学校)

お子様がいるご家庭が住宅を選ぶうえでポイントになる、通学区。
今回の片平小学校・浦里小学校のご紹介です。

千鳥丘中学校区 付近の情報

千鳥丘中学校 片平小学校 学区 校舎
上写真:片平小学校

千鳥丘中学校 周辺の交通環境

愛知県の名古屋市緑区に位置している千鳥丘中学校区は、住環境と充実した公共交通機関の利便性により常に高い人気を誇っている地域です。
オフィス街からの距離が近い事もあり名古屋市中心部のオフィスで働く方に好まれる事も多いのですが、その中でも千鳥丘中学校区は最寄り駅の野並駅・鳴海駅・鳴子北駅・本星崎駅・鶴里駅・相生山駅・笠寺駅・大高駅から近く利便性が格段に良いです。

名鉄豊田線・地下鉄桜通線・地下鉄鶴舞線・名鉄名古屋本線など駅が多く、3路線8駅利用可能な上、名鉄名古屋本線はオフィス街である金山駅・名古屋駅まで直通です。
他にもJR東海道本線は金山駅へ直通、乗り換えで東海市や岐阜市などの職場にも移動可能ですし、地下鉄桜通線も各方面に移動が可能な為、名古屋駅・金山駅など複数のターミナル駅から県内主要駅まで通っていることが魅力です。

上述のため名古屋市外と名古屋市内といった職場の離れたご夫婦でも通勤時に制限がかからないのも助かります。
また車の場合でも名古屋高速の笠寺出入口が近く、そこからの名二環や知多半島道路・伊勢湾岸自動車道などアクセスも良いことから進行方向に対して移動手段を選べるので移動は格段に便利です。

日常でも名古屋中環状線・東海通・国道302号線・国道1号線・国道23号線・諸輪名古屋線・環状線・国道247号線・空港線・飯田街道などの一般道も整備された四車線が利用できるという事も相まって、車通勤の方にはストレス無く快適です。
中心部の電車通勤と車通勤等、ご夫婦で通勤方法が違い、職場が離れている方や車利用の多い方等に特に支持されています。

このようにビジネスシーンの充実は当然のことですが、勿論プライベートシーンの充実も先程挙げた高速道路が近い事、金山駅・名古屋駅が直通、地下鉄で主要ターミナル駅に近い事からドライブや新幹線などの旅行がどちらも充実させられます。
空港も金山駅から一本で行ける事も大きな魅力と言えるでしょう。

私生活での利便性が充実しているのは千鳥丘中学校区のいい所です。

千鳥丘中学校 浦里小学校 学区 校舎
上写真:浦里小学校

千鳥丘中学校 レジャースポット『大高緑地』

また公共交通機関などの充実の他に徒歩圏内やバス・電車で移動できる範囲に魅力的な施設が多数点在している事も挙げられます。

例えば、『大高緑地』は小さなお子様を育てている場合、休日などに出かければ家族揃って楽しめるスポットとして嬉しい遊具が盛りだくさんです。
『大高緑地』ではシラタマホシクサという花が咲き、大若草山の芝生広場を中心にゴーカートが走る交通公園やボート、ベビーゴルフ場など遊びが充実しています。

ボートが浮かぶ琵琶ヶ池は四季を通じて多くの人が訪れます。大小2つの変形プールをもつ水泳場、全天候型テニスコート14面、野球場3面、花木園、桜の園、児童園、和風庭園(四季の園)など1日たっぷり遊べます。
竹林散策路は風の音が聴こえ、物語の中に入り込んだかのような錯覚を起こすほど絶景です。

四季の園では冬の景色を愉しむ雪吊りが行われます。
『大高緑地』の雪吊り様式も北部式と言われる鑑賞庭園でよく観られる装飾目的の雪吊りが行われており、雪が降っていない姿も充分に魅力が感じられます。
勿論雪が積もっている時が一番魅力的なのは言うまでも無いですが、日本三大庭園とも言われる兼六園、偕楽園、後楽園でも行われている物が名古屋市内で見れるのは気軽に楽しめて非常に嬉しいです。
こういう様式も見ると樹木が雪の重みに耐えられるような工夫が昔から日本で行われてきたことを実感できます。

またドッグランも園内にあり、ペットと遊ぶのにも最適です。
芝生広場の上には展望台があり、デイキャンプが楽しめる場所も確保されており、隣接している恐竜広場は有料ですが恐竜が大好きなお子様にはたまらない場所でしょう。

千鳥丘中学校 レジャースポット『相生山緑地』

その他、魅力的な場所として挙がってくるのは、『相生山緑地』です。

ここは、ヒメボタルの有名な場所です。お昼は家族でハイキング!
夜はホタル探しの探検なんてお子様には堪らない楽しみでしょう。
名古屋市では今では数えるほどの場所でしか野鳥や昆虫とは触れ合うことが難しくなっており、図鑑とにらめっこなんてことをするのも楽しいかもしれません。

また、名古屋駅から直通の地下鉄が乗り入れている都心部では非常に珍しい原風景を未だに楽しめるスポットとなっております。
ですが、原風景を楽しむだけではありません。『オアシスの森』は別の面でも魅力に富んでいます。

実はハイキングコースとしてもかなり有名なんです!
『相生山緑地』全体で見ると、整備された歩きやすいコースもあるのですが、それ以外にもアップダウンの激しい都心部だということを忘れてしまうようなコースもあり、ハイキング感覚で充分楽しめるので非常に魅力的。

毎年のように花を咲かせるツツジは来る人の心を和ませています。
その他アオサギやキジといった鳥類をはじめとして昆虫なども豊富なので、名古屋市内で自然と触れ合うには最高のスポットです。
ですので、親御様からすると学問に対する入りとして非常に良い機会とお考えいただくこともできるかもしれません。

季節によっては夜からの冒険というのもお子様には堪らないかもしれません。先ほど挙げさせていただいた様に相生山緑地ではヒメボタルが有名です。
小さなホタルでありながらチカ・チカと強い黄金色の光を放す、とても魅力あるホタルです。ただし、光る時間帯が午後9時ごろから深夜にかけてとなるため、見に行くのもちょっと大変です。

それも近くにあれば解決しますので、ある意味近隣に住む人の特権ですね。
場所は相生緑地であれば、ほぼすべての地域で観察する事が出来ます。ただし、最高のイルミネーションの世界が見られるのは数日でしょう。運よくその世界に遭遇できた方は本当に幸せです。

当然休日の家族との時間は楽しいものとなるでしょう。

千鳥丘中学校区 周辺の生活環境

また、「アピタ鳴海店」や「フードプラス なるこ市場」・「アオキスーパー 鳴子店」・「ウオダイプラス」・「バロー なるぱーく店」・「バロー 滝ノ水店」・「マックスバリュ鳴子店」・「コノミヤ 鳴子店」等スーパーの種類も豊富で、近隣で買い物も楽しく簡単に終わらせられます。

郵便局も24時間受付をしている「緑郵便局」に「名古屋鳴子郵便局」・「名古屋池上台郵便局」・「名古屋薬師山郵便局」・「名古屋花井郵便局」・「名古屋浦里郵便局」・「名古屋赤坪郵便局」と中学校付近に豊富に郵便局があります。

病院も「名古屋市立緑市民病院」・「笠寺病院」・「あいせい紀年病院」等大きな病院も複数あり何かあればすぐに対応可能な利便性です。

周辺には「マツガネ台幼稚園」や「コトノハの森保育園」・「みそのラファエルこども園」・「マーマ こととも保育園 はぐみの」・「池上台幼稚園」・「名古屋市立鳴子幼稚園」・「新生幼稚園」・「明星会 しおみが丘保育園」などの教育機関も多く選択肢が豊富なのも特徴。

また「サンドラッグ 鹿山店」や「V・drug鳴海山下店」・「スギドラッグ 滝ノ水店」・「V・drug 万場山店」・「ドラッグスギヤマ 笠寺店」・「B&D 滝の水店」・「マツモトキヨシ なるぱーく店」をはじめとした施設が充実していますので、子育て環境が良好です。

千鳥丘中学校区 周辺の飲食店『ダーシェンカ・蔵』

そして、千鳥丘中学校周辺は飲食店の数も豊富で、隠れた名店にも出会えるのが良いですね。

歴史的な町並みを今に残す有松にあり、散策スポットとしてもオススメの場所。そんな有松の街中で隠れた人気店が、旧有松絞り問屋の建物を利用した『ダーシェンカ・蔵』です。

三河地区で人気のパン屋さんの支店でもあり、蔵の中や中庭のカフェスペースでゆったりとした寛ぎの時間が堪能できる穴場的存在でもあるのです。

有松駅周辺にはゆったりできる店舗が限られているので、この立地にある散策途中に使えるカフェという意味ではかなり嬉しい存在です。

旧東海道の茶屋集落であった街・有松。名古屋が誇る伝統工芸「有松絞り」でも有名ですので、行ったことが一度はある街かもしれません。有松駅の南側には江戸時代から続く町家造りの建築物が連なる街並みが今なお残っています。

その中でもあまり目立たない場所にありながら、知る人ぞ知る名店として人気なのが最初に紹介した『ダーシェンカ・蔵』。
通りの途中にある犬の絵が描かれた看板が目印のお店なのですが、見逃しかねないほどの自己主張の薄さ…。

こんなに隠れ家的な場所は今どき希少なお店ですね。

小径を入って行くと「日本料理やまと」の看板がかかっている母屋があるのですが…。
一瞬店を間違えたと焦ります。

ですが、大丈夫そういう雰囲気全てを味わってください。

建築されたのは昭和初期で、旧絞り問屋「神谷半次郎邸」の家屋をリノベーションした内部は街並みとマッチしているのにどこか旧さの中に新しさを感じます。
部分的にあしらわれた有松絞りも合わさってとても趣ある空間になっています。

ダーシェンカの名前でピンときている方も居るかもしれませんが、三河の幸田町に本店がある人気のパン屋さん『緑と風のダーシェンカ』の支店。

このお店の特徴でもある石窯で焼かれたオーガニック小麦とフルーツ酵母を使用した独特の風味、風合いが魅力です。

ここでのオススメはテイクアウトではなく、カフェ利用。ここは蔵や中庭の雰囲気・空間を体中で味わっていただきたいです。

是非一度行ってみてください。

千鳥丘中学校区 周辺の飲食店『鬱花』

もう1つ押さえておきたいのは鳴海の住宅街にある、ひっそりと佇むウッディなカフェ『鬱花』です。

正直歩いていても「ここ喫茶店なの!?」とびっくりするようなところで突如登場するので、上述の『ダーシェンカ・蔵』と合わせて隠れ家カフェとして押さえておきたいところ。

営業時間は10時から18時で、落ち着いた空間でのランチやティータイムにもオススメ。

店内はカウンター席とテーブル席が数席の小さなお店ですが、木の温もりが感じられる優しい空間づくりがなされています。
インテリアも各所でこだわりを感じますので、友人やお一人でなんてのも楽しいかもしれません。

どことなく大正ロマンの様なレトロ感があり、インテリアや小物にセンスが光ります。

店内席の魅力もさることながら、オススメはテラス席です。沢山の緑豊かな植物に囲まれさながら緑光のカーテンの様な様相。
暑い季節もここで涼むと気持ちが豊かになりそう。ペット同伴可能ですので、お散歩中にティーブレイクなんてオシャレじゃないでしょうか。

混雑することも多いため座れないこともありますが、ランチタイムを避けるだけで座れる可能性は上がると思います。

ここはスイーツの充実しており、「お抹茶セット」などの本格的なお抹茶とお茶菓子。添えられている黒文字が非常に気分を上げてくれます。

夏限定のかき氷も見逃せません。氷・シロップ・フルーツピューレが別々で提供されるので自分でかける量を調節できるのも魅力。

ランチタイムの「御膳」というランチも人気ですので、色々な場面で自分しか知らない秘密の隠れ家を楽しんでいただけたらいいなぁと思います。
是非利用してみて下さい。

そんな食道楽を楽しませてくれるのは緑区内でも千鳥丘中学校区地域ならでは。

千鳥丘中学校区 エリアの特徴

ですが、そんな千鳥丘地区も少し見かたを変えると別の街へと早替わり、近くの大高緑地は遊具や水泳場などが利用でき、その他に定期イベントを開催している公園です。

なんといってもお子様の情操教育には自然に触れあえる場所というのは貴重な場所です。それが学区内にあるというのは5歳までといわれる体と脳の育成期間に与える影響は計り知れません。

他にも近隣には「千句塚公園」や「新海池公園」・「浦里公園」・「鳴子中央公園」と公園が多くあり、閑静な住宅街そのもの。その上駅近なので、利便性も抜群。

もしお子様が小学生であれば通学する片平小学校・浦里小学校までは僅かな距離の徒歩移動という近さですし、中学生になった際にもおよそ半径1km圏内で到着する距離がほとんどなのも珍しい距離感です。

何故なら人口が多いこともあり、小学校・中学校が多い傾向にある為、必然的に距離が近くなるからです。なので、お子様の成長も安心して見守れる魅力は名古屋市内でも希少な環境です。

通学に際し負担が無く全てにおいて利便性と住環境に恵まれています。

以上のことから千鳥丘中学校区というのは私生活のオアシスといった様相であるので現在の人気を常に誇っているというのが現状でございます。

千鳥丘中学校の校章・校訓と生徒数やクラス数

■校章

千鳥丘中学校 校章 学区

■校章の由来
 本校の学区は、片平学区と浦里学区とからなっています。
上の丘は、片平学区の丘陵地を、中の千鳥は、校名の千鳥であり、同時に浦里学区の鳴海潟に飛びかった千鳥を、千鳥の周りの緑色は緑区を、下の波型は、浦里学区の干潟の波をそれぞれ表しています。
この校章は、生徒、職員、保護者を中心に公募したものの中から選ばれました。当時2年生に在学していた生徒の保護者のデザインによるものです。

■校訓
『集・学・伸』

■校訓揮毫

千鳥丘中学校 校訓揮毫 校訓 学区

■教育目標
『集(集いて)、学(学び)、伸(ともに伸びよう)』

『集(集いて)、学(学び)、伸(ともに伸びよう)』を基盤にして、人間性豊かな千鳥丘中学校の生徒の育成を 目指し、次の目標を置く。
集う       一人の力は弱いけど、みんなで寄せ合えば大きな力になります。知恵と力を出し合いましょう。
学ぶ       視野を広く、心を豊かにすることが大切です。広く深い教養を身につけましょう。
伸びる    人は無限の可能性を持っています。困難から逃げないで前向きに挑戦してみましょう。

■校名の由来
 『星崎の闇を見よとや啼千鳥』
松尾芭蕉
全国最古で、芭蕉生前唯一の建立句碑<千鳥塚>
学校のすぐ西、三王山の一隅に榎の大木があり、その根元にかわいい形をした石碑がたっている。
 この碑を「千鳥塚」といい、西暦1687年(貞享4年)冬、寺島安信宅で行った俳諧の集いで松尾芭蕉がよんだ「星崎の闇を見よとや啼千鳥」を立句とし、千句うたいあげた記念として建てられたものである。
 この文化的に由緒ある地に学校が建てられたので、この名をとって千鳥丘(ちどりがおか)中学校と名付けられた。

■学校長
太田 智(令和二年度現在)

■創立
1974年(昭和49年)4月1日
名古屋市立鳴海中学校分校として設立
1975年(昭和50年)4月1日
名古屋市立千鳥丘中学校創立
1978年(昭和53年)3月8日
名古屋市立千鳥丘中学校 校歌制定
1986年(昭和61年)3月1日
陶壁画『未来のあこがれ』完成

■令和二年度学校努力点
『夢を描いてたくましく生きることができる生徒の育成~自分の進路を思い描くための「見る」「聞く」「感じる」三感のキャリア教育~』

■学校努力点の狙い
本校では、「チーム千鳥丘」というスローガンのもと、キャリア教育を含む多様な学びを通して、生徒が自分のよさに気付き、夢を抱かせるための効果的な指導の在り方を追究しています。そして、本事業では、様々な職業を知るための「見る」活動、将来の夢につなげるための「聞く」活動、自分のよさや適性を知るための「感じる」活動の『三感のキャリア教育』を実践することで、自分の進路を思い描くことができるようになると考え、取り組みを進めました。

■校歌

千鳥丘中学校 校歌 学区

■制服について
2022年から制服がブレザーに変わることは学校内では発表があったようですが、現在公式サイト内で発表が行われていないので正確な情報とは言えない。入学に際して確認は必要となってくるでしょう。

■部活動の特徴
茶道部・和太鼓部などの普通の中学校では中々体験できない部活動が多く、これは千鳥丘中学校の魅力とも言える。
当然バスケットボール部・バレーボール部・水泳部・野球部・サッカー部・陸上競技部・ソフトテニス部などの運動部も豊富なのも特徴。
文化部は上述の茶道部・和太鼓部を除くと園芸部のみで少し文化部の選択肢は狭いのが難点。ただし伝統文化を学ぶ学校としては名古屋市内でも稀にみる良学校と言えるでしょう。

■学級数と生徒数
学級数と生徒数
学級数・生徒数(令和三年4月1日現在)

学年学級数生徒数
1学年4学級123名
2学年4学級123名
3学年4学級126名
特別支援学級1学級3名
13学級375名

千鳥丘中学校へのアクセス

■所在地
〒458-0801
名古屋市緑区鳴海町字山ノ神108番地

■連絡先
TEL:052-891-8601
FAX:052-891-5029
E-mail:chidorigaoka-j@nagoya-c.ed.jp

■地下鉄
地下鉄桜通線 「野並駅」下車
4番出入口より南へ徒歩18分

名鉄名古屋本線 「鳴海駅」下車
東出入口より北へ徒歩24分

JR東海道本線 「笠寺駅」下車
東出入口より東へ徒歩40分

千鳥丘中学校区の評判

保護者 / 2019年入学
生徒達が明るい学校。
2021年05月投稿

評価

  • 4.0

[学習環境 4| 進学実績/学力レベル 3| 先生 -| 施設 3| 治安/アクセス 5| 部活 3| いじめの少なさ 4| 校則 5| 制服 5| 学費 -]

  • 総合評価
    生徒と教師の距離が近いと思います。比較的に若い先生が多い印象なので子供達も喋りやすく相談しやすいようです。 昔は評判が良くなかったが、今はそんな事もなく安心して通わされると思います。
  • 校則
    以前はワイシャツで校内を歩いていけなかったが、校則が見直されたので、半袖で長袖が自分の体調に合わせて着用できるようになったので良い。
  • いじめの少なさ
    いじめがあったとは今まで聞いた事がありません。 みんな仲が良く子供達も楽しく通っている。
  • 学習環境
    開放教室などがあり分からない所も聞きやすい環境だと思います。
  • 部活
    和太鼓部がとても力を入れいて、迫力があります。 野球部がなくなってしまうのが残念です。
  • 進学実績/学力レベル
    公立の第一希望に受かった子が少なかった年もあるので、それぞれの学年によって学力の差はあるのかなっと思います。
  • 施設
    グランドが狭い。野球部、サッカー、陸上部が一緒にやっているので、限られた練習しか出来ない印象。
  • 治安/アクセス
    交通整備がされた所にあるので危険は少ないと思う。
  • 制服
    来年から制服がブレザーに変わるようです。

学校に関する情報

  • 生徒はどのような人が多いか
    部活に所属している子がほとんどです。塾に通ってる子も多いので両立を頑張ってる印象です。

入試に関する情報

  • 志望動機
    引っ越し先の学区がそこだった為に通っている。 そこの中学がいいからとかではない。

感染症対策としてやっていること

  • オンライン授業などはない。 健康観察票は毎日ある。 換気などはちゃんとしている。

(みんなの中学情報より引用) 上記リンク有り

千鳥丘中学校区の内訳

片平小学校

・浦里二丁目
・浦里三丁目
・鳴海町字赤塚
・鳴海町字石田
・鳴海町字上ノ山
・鳴海町字大根
・鳴海町字乙子山
・鳴海町字杜若
・鳴海町字片平
・鳴海町字北浦
・鳴海町字光正寺
・鳴海町字古鳴海
・鳴海町字小松山
・鳴海町字小森
・鳴海町字三高根
・鳴海町字三王山
・鳴海町字清水寺
・鳴海町字丹下
・鳴海町字長田
・鳴海町字天白
・鳴海町字鉾ノ木
・鳴海町字森下
・鳴海町字薬師山
・鳴海町字山下
・鳴海町字山ノ神
・鳴海町字嫁ケ茶屋
・鳴海町松が根台

浦里小学校

・浦里一丁目
・浦里二丁目
・浦里三丁目
・浦里四丁目

注目記事

オススメ記事

特集記事