1. HOME
  2. 学区調査
  3. 中村区の学区
  4. 名古屋市立笈瀬中学校区(ほのか小学校)について
中村区の学区

名古屋市立笈瀬中学校区(ほのか小学校)について

今回の記事では笈瀬中学校区を紹介していきたいと思います。

笈瀬中学校区(ほのか小学校)

お子様がいるご家庭が住宅を選ぶうえでポイントになる、通学区。
今回のほのか小学校のご紹介です。

笈瀬中学校区付近の情報

笈瀬中学校 ほのか小学校 学区 校舎
上写真:ほのか小学校

笈瀬中学校 周辺の交通環境

愛知県の名古屋市中村区に位置している笈瀬中学校区は、住環境と充実した公共交通機関の利便性により常に高い人気を誇っている地域です。
オフィス街からの距離が近い事もあり名古屋市中心部のオフィスで働く方に好まれる事も多いのですが、その中でも笈瀬中学校区は最寄り駅の栄生駅・亀島駅・本陣駅・中村日赤駅・中村区役所駅・名古屋駅・名鉄名古屋駅・黄金駅・ささしまライブ駅から近く利用可能駅の多さも魅力です。
地下鉄桜通線・地下鉄東山線など路線が多く5路線9駅利用可能です。他にも桜通線はオフィス街である名古屋駅・久屋大通駅・国際センター駅まで直通ですし、東山線は名古屋駅・栄駅へ直通、乗り換えで東海市や岐阜市などの職場にも移動可能です。
その為各方面に移動が可能な上、名古屋駅など複数のターミナル駅から県内主要駅まで通っていることから、名古屋市外と名古屋市内といった職場の離れたご夫婦でも利便性が高いことが挙げられます。
また車の場合でも名古屋高速の黄金出入口や名駅入口・錦橋出口が近く、そこからの名二環や東名阪自動車道・名神高速道路などアクセスも良いことから進行方向に対して移動手段を選べるので移動は格段に便利です。
日常でも外堀通り・環状線・名駅通・太閤通口・桜通・江川線・国道22号線・太閤通・広小路通などの一般道も整備された四車線が利用できるという事も人気の由来です。
上記の条件から中心部の電車通勤と車通勤等、ご夫婦で通勤方法が違い、職場が離れている方や車利用の多い方等に特に支持されています。

このようにビジネスシーンの充実は当然のことですが、勿論プライベートシーンの充実も先程挙げた名古屋高速が近い事、地下鉄東山線・地下鉄桜通線等でアクセスできる名古屋駅・金山駅に近い事で主要ターミナル駅に近い事からドライブや新幹線などの旅行がどちらも充実させられます。
空港も少し移動は必要ですが名古屋駅まで移動すれば名鉄1本で行ける事も大きな魅力と言えるでしょう。私生活の充実した住環境なのは笈瀬中学校区のいい所です。

笈瀬中学校区付近のレジャースポット

また公共交通機関などの充実の他に徒歩圏内やバス・電車で移動できる範囲に魅力的な施設が多数点在している事も挙げられます。
例えば、「中村公園」は自然に囲まれた敷地が中村区の象徴となっており、高さ24mもある大鳥居は名古屋市でも有名な新名所となるほど大きなインパクトを放っております。
元々豊國神社の境内を市民公園として史跡保存したいという市民の声で1901年(明治34年)に整備されました。また毎月9のつく日は「九の市」が行われ、多くの露天で賑わっていることでも有名です。
併設されている「名古屋市秀吉清正記念館」は秀吉と清正の生きた時代や尾張の戦国武将の姿などを、絵画、工芸、文書などの資料や映像で学ぶ事ができる資料館です。
このように豊臣秀吉・加藤清正などと非常に縁のある地域であるのでお子様の学問への素養が身につく環境であるとも言えます。
その他にも元々「中村公園」はイベント・講習会・展示会とイベント事に事欠きません。当然お子様が楽しめる物も大いにありますが、大人が楽しめる講習会があるのも嬉しいです。
「中村公園」の太閤まつりなどは毎年の恒例行事ですし、茶道講習やJAZZフェスなど幅広いジャンルで行われているので参加する魅力は充分。祭り関係は太閤秀吉が花見を始めたこともあるのか非常に多く、楽しめますので是非一度参加してみて下さい。

また神社仏閣が非常に多く、「八幡社」は清正が出陣前に武運長久を祈願した社として有名です。また名古屋城築城の際にここの八幡社境内にあった大楠を棟木として使用した逸話も残っているほどです。
先程紹介した「中村公園」のメインであるところの「豊國神社」の祭神豊臣秀吉は徳川政権下では神格化することが禁止されており、神社となることが非常に遅かったのです。
ですが現在は祭神に豊臣秀吉。摂社には加藤清正を祀っています。当然のことながらご利益は出世や受験の神様として信仰されています。また当時では非常に珍しい恋愛結婚だったため縁結びにもご利益があるとも言われています。
また各所に秀吉の馬印である瓢箪の意匠が施されておりますので、探してみるのも面白いかもしれません。ちなみにここの絵馬は秀吉の馬印から瓢箪型になっておりますので非常に見た目にも可愛いです。
これだけ秀吉と清正に縁のある地だと歴史好きには堪らないですが、他にも「妙行寺」は1610年に清正生誕の地に建立された寺で名古屋城天守普請にあたった加藤清正が、天守完成後、普請小屋を移築し本堂としたとされています。清正没後には熊本の「本妙寺」から贈られた日遙上人作の清正尊像が清正公堂に祀られており、年に一度御開帳もされております。
また、「常泉寺」は1598年に秀吉の没後、太閤屋敷跡に円住院日誦上人を開山として清正が建てたと伝えられている日蓮宗の寺院。御神体には、清正が豊臣秀頼から授かった秀吉の木像が祀られており、境内にある「秀吉手植のヒイラギ」は、小田原の陣を終えて帰還中の秀吉が、幼い頃に植えた柊を発見し、自ら竹を添えたと伝わるもので、現在も青々とした葉が生い茂っています。
またかつては豊富に湧き出る泉があり、産湯にも使われたとも伝えられています。

こうして近隣の中村公園周辺を紹介する事でも見えてくるように尾張地区を本拠地とする戦国武将が数多く登場する戦国時代では名古屋市は中心地だった事が伺えます。
またそんな歴史的背景を元にお子様と学問を始めることでお子様はより身近に歴史を感じ取れるかもしれません。

笈瀬中学校区周辺の環境

また、「ヤマナカ 則武店」や「サンエース 亀島店」・「成城石井 名古屋駅広小路口店」・「マックスバリュ太閤店」・「ピアゴ中村店」・「業務スーパー 黄金店」・「アオキスーパー 中村店」等スーパーの種類も豊富で、近隣で買い物も楽しく簡単に終わらせられます。
郵便局も24時間受付をしている「中村郵便局」に「名古屋栄生郵便局」・「名古屋本陣郵便局」・「名古屋亀島郵便局」・「名古屋則武新町郵便局」・「名古屋則武本通郵便局」・「名古屋菊井郵便局」と中学校付近に豊富に郵便局があります。
病院も「名鉄病院」・「日本赤十字社愛知医療センター 名古屋第一病院」・「名古屋セントラル病院」・「偕行会城西病院」等大きな病院も複数あり何かあればすぐに対応可能な利便性です。
周辺には「名古屋遊花幼稚園」や「けやきの木保育園」・「上ノ宮幼稚園」・「みのり幼稚園」・「中京幼稚園」・「名古屋市立森田保育園」・「ゆめの樹保育園」・「永信保育園」などの教育機関も多く選択肢が豊富なのも特徴。
また「スギドラッグ 栄生店」や「スギ薬局 本陣店」・「B&D 則武店」・「スギ薬局 名駅北店」・「スギドラッグ 大門店」・「ドラッグユタカ 押切店」・「スギドラッグ 名駅桜通店」・「V・drug 日比津店」をはじめとした施設が充実していますので、子育て環境が良好です。

笈瀬中学校区周辺の飲食店

そして、笈瀬中学校周辺は飲食店の数も豊富で、隠れた名店にも出会えるのが良いですね。

もし食パンを好まれる方なら私がオススメするのは、『MASA café』です。
『MASA café』は日本全国でブームにもなった高級生食パンのあるお店ですが、高級生食パンの専門店ブームの中でその食パンを使ったオリジナルトーストメニューも店内カフェで味わえるハイブリッドなお店。
地下鉄「中村日赤」駅から徒歩3分。住宅街の中に突如として現れるカフェ。駐車場も完備されており、車での移動でも行きやすいのもポイント。
木目を基調としたお洒落な内装の店内は、焼きあがったばかりのパンの良い香りが充満しています。オープンキッチンの見えるカウンター席に、外に向いた窓辺の二人掛け、奥にはテーブル席もあってちょっとしたランチ会ならできるんじゃないかなって広さです。
入ってすぐのレジカウンターでオーダーして席まで持ってきていただけるような形式。食パンの購入もそこで行います。このお店の売りは。店内製造のオリジナル食パン・「正(まさ)」食パン。
北海道産の小麦と牛乳、国産の無塩バター、国産のはちみつを使用し、完全無添加で体にも優しい食パンです。焼き上がり時間は11時~18時まで1時間ごとで、予約優先での販売。
店内の飲食だとオススメはベシャメルソースととろ〜りとしたモッツァレラチーズがたっぷりと乗ったグラタン風トースト「チーズグラタン」
パンはトーストされて縁がカリッとしているのに、中のふわふわモチモチ感はそのままという流石食パン専門店と感じる焼き具合。帰りに食パンを買って帰るランチなんて少し優雅な買い物ですね。
食パンは常温3日間保存可能です。是非一度利用してみてください。気に入っていただけることでしょう。

また、最近オープンしたお店だと中村区松原町にバナナが主役のカフェができたのが話題にもなりました。
その名も『banana王国』! シンプルに主役が何か伝わってくるのも魅力的。
昨今のコロナ禍の中で昨年の6月にオープン。創業100年を越えるバナナの卸問屋『成田商店』が立ち上げた、バナナを様々な形で味わえる特殊なお店。
場所も「本陣」駅3番出口から徒歩3分と駅近で嬉しい限り。元々は『バナナ専門ショップ あっとバナナ』としてキッチンカーでの移動販売やイベント出店で活躍してきたお店ですが、倉庫を改装して飲食もできる理想の王国が誕生。バナナが好きなお子様には堪らない魅力が詰まっていますね。
店舗の内装も南国をイメージしたものとなっており、最近では目にする機会も増えた撮影スポット完備で、ぬいぐるみや本など兎に角全てバナナ! 寛ぎながらバナナの魅力を知ってほしいという想いが込められています。
料理やスイーツは全てバナナを使用していますし、「バナナジュース」は砂糖不使用で4種類展開とシェアして飲み比べしてみたくなります。
バナナの新しい魅力に気が付かせてくれる『banana王国』はバナナ好きのためのテーマパークと言っても過言ではありません。是非一度その魅力を感じに行ってみてはいかがでしょうか。

そんな食道楽を楽しませてくれるのは中村区内でも笈瀬中学校区地域ならでは。

笈瀬中学校区エリアの特徴

ですが、そんな笈瀬地区も少し見かたを変えると別の街へと早替わり、近くの「中村公園」は定期的にイベントや展示会なども行われており、他にも季節の花なども楽しめます。
なんといってもお子様の情操教育には植物や芸術に触れあえる場所というのは貴重な場所です。それが学区内にあるというのは5歳までといわれる体と脳の育成期間に与える影響は計り知れません。
他にも近隣には「塩池公園」や「日比津公園」・「枇杷島橋緑地」・「枇杷島公園」と公園が多くあり、閑静な住宅街そのもの。その上駅近なので、利便性も抜群。
もしお子様が小学生であれば通学するほのか小学校までは僅かな距離の徒歩移動という近さですし、中学生になった際にもおよそ半径1km圏内で到着する距離がほとんどなのも珍しい距離感です。
何故なら人口が多いこともあり、小学校・中学校が多い傾向にある為、必然的に距離が近くなるからです。なので、お子様の成長も安心して見守れる魅力は名古屋市内でも希少な環境です。
通学に際し負担が無く全てにおいて利便性と住環境に恵まれています。

以上のことから笈瀬中学校区というのは私生活のオアシスといった様相であるので現在の人気を常に誇っているというのが現状でございます。

笈瀬中学校の校章・校訓と生徒数やクラス数

■校章

笈瀬中学校 校章 学区

■校章の由来
校章は、文武両道の文を象徴する「ペン先※」をかたどったもので、戦後の文化日本の建設を目指す平和教育の願いをあらわし、中学生としての学ぶ自覚と誇りを示す。

■令和三年度学校努力点
『「認め合い 学び合い 自ら行動」~互いの立場を尊重し、自発的に行動できる生徒の育成を目指して~』

■校歌
作詞:斎藤光次郎 作曲:佐久間考三
1. 日ごとに通う この道は
その名もゆかしい  藤の宮
平和の精神 陽に栄えて
ああ笈瀬中学  わが母校
友よ 学ぼう 勉めよう
2. 昔をしのぶ 松風よ
功も高い 豊太閤
希望の空は 明けてゆく
ああ笈瀬中学  わが母校
友よ 歌おう 高らかに
3. 伊吹 鈴鹿の 夕映に
ああ白鳥は 遠くゆく
理想の翼 美しく
ああ笈瀬中学  わが母校
友よ 進もう 手を組んで

■牛馬の水飲み場

「牛馬水飲み場」跡(枇杷島街道)
本校西側の道路は「枇杷島街道」と言い、戦前は「千音寺」や「岩塚」方面から「枇杷島青果市場」(現在の枇杷島スポーツセンター)へ、野菜の出荷や買い出しなどの、いろいろな荷物の運搬に使った道でした。
その当時、この辺りの一郭は、牛馬を一服させ、水を飲ませる水飲み場だったそうです。
馬車引きの人々は飼い葉桶で餌の藁等を牛馬に与える時に、此処で水を汲んで与えたと言う事です。
その名残りが写真のタイルの一郭です。
こんな所にも史跡は有るんです。

笈瀬中学校 牛馬の水のみ場 学区

■校訓
『信頼』
-信じる・信じられる・信じ合える-

■校訓碑

笈瀬中学校 校訓碑 学区

■教育目標
◎ 基礎的・基本的な内容の定着を図り、自ら課題を解決しようとする生徒の育成に努める。
◎ 自らを律しつつ他を思いやり、他を認める豊かな心をもつ生徒の育成に努める。
◎ ねばり強い意志と体力を育て、たくましく生きる生徒の育成に努める。

■校旗

笈瀬中学校 校旗 学区

■校名の由来
かつて中村区~中川区に「伊勢神宮」の領地があったらしく、「お伊勢」→「笈瀬」が言葉の意味だそうです。笈瀬(おいせ)村(現在の中川区愛知町)、を流れていた川を 「お伊勢川(笈瀬川)」と呼んでいました。

■創立
1947年(昭和22年)4月1日 
名古屋市立笈瀬中学校創立

■友情の壁画

笈瀬中学校 友情の壁画 学区

■学級数と生徒数
学級数と生徒数

学級数・生徒数(令和三年4月1日現在)

学年学級数生徒数
1学年2学級63名
2学年2学級61名
3学年2学級66名
特別支援学級2学級3名
8学級193名

笈瀬中学校へのアクセス

■所在地
〒453-0018
名古屋市中村区佐古前町5番4号

■連絡先
TEL:052-461-3211
FAX:052-461-3459

■地下鉄
名鉄名古屋本線 「栄生駅」下車
出入口より南西へ徒歩7分

地下鉄東山線 「本陣駅」下車
3番出口より北東へ徒歩6分

地下鉄東山線 「亀島駅」下車
1番出口より北西へ徒歩10分

笈瀬中学校区の評判

保護者 / 2017年入学
小さな学校・・・でも良さもあります
2021年06月投稿

評価

  • 4.0

[学習環境 3| 進学実績/学力レベル 3| 先生 -| 施設 1| 治安/アクセス 4| 部活 3| いじめの少なさ 5| 校則 4| 制服 -| 学費 -]

  • 総合評価
    うちの子に限らず、楽しく登校していた子が多いです。公立ですので先生が異動してしまったり、地域の色が出やすかったりするところですが、下の子もいずれお世話になる予定です。
  • 校則
    公立校として無理のない校則だと思います。置いて行く荷物のことなど、少しずつ時代に合わせてくれているように思います。
  • いじめの少なさ
    特に聞いたことがありません。子どものトラブルはもちろんありますが、成長過程の範疇だと思います。小学校の関係がそのまま中学校に引き継がれるので、良い部分も悪い部分もあります。
    何かあっても先生方が誠実に対応してくださっていました。
  • 学習環境
    公立なので余計にそうなのでしょうけど、教員によって授業の質の差がすごいです。
    文部科学省の研修に参加するような楽しくレベルの高い授業をする先生もいらっしゃれば、子どもらが分かりにくい!と言うような先生も残念ながら見えます。
    うちの子は先生に熱心に英検取得を勧めていただき、高校生になった今も英語を得意としています。
  • 部活
    小さな学校ですので部活動の数は限られます。男子バスケットボール部が廃部になる予定でしたが、保護者?からのクレームで存続したようです。
    うちの子も3年間、部活動で大変お世話になりましたが、教員をしている身内に聞くと、部活はボランティアでありサービス残業ありきなので、無理のない範囲で面倒を見ていただければと思います。
  • 進学実績/学力レベル
    学力は名古屋市全体で見ると中位のようです。先に記した良い先生に当たると、その教科の学力がグッと上がるようです。
  • 施設
    設備としてはとにかく古いです。耐震性は問題ないと思いますが、あまりにも見た目が悪いです。クーラーの付いている教室も限られる。
    学校のせいではありませんが、自治体にはこうしたところに予算をつけてあげてほしいです。
  • 治安/アクセス
    駅からは近いですし、特に不便を感じたことはありません。

入試に関する情報

  • 志望動機
    住まいがこの学校の学区のため入学しました。
    また中学での私立受験を考えていなかったため。

(みんなの中学情報より引用) 上記リンク有り

笈瀬中学校区の内訳

ほのか小学校

・井深町
・大秋町
・亀島一丁目
・亀島二丁目
・寿町
・佐古前町
・十王町
・大門町
・竹橋町
・千原町
・椿町
・鳥居通2丁目
・中島町
・賑町
・則武一丁目
・則武二丁目
・則武本通1~2丁目
・則武本通3丁目
・羽衣町
・日吉町
・本陣通2丁目
・本陣通3~5丁目
・松原町

注目記事

オススメ記事

特集記事