1. HOME
  2. 売買ノウハウ
  3. どの段階で判断するか~世界でひとつだけという難しさ~
売買ノウハウ

どの段階で判断するか~世界でひとつだけという難しさ~

一点ものの性質

「隣の土地は借金してでも買え」という格言がありますが、不動産というものは替えが利かない一点物という性質があります。
隣の土地であれば手に入れる事により自分の土地が広がるわけで、点在した土地を持っているよりも価値があるというわけです。
隣の土地が売りに出ていて黙って指を咥えていたのでは誰かに買われしまい、自分が手に入れるチャンスは二度とやってこないかもしれないのです。
まぁそんな極端な隣の土地の例とは異なりますが、同じく分譲住宅も一点物という性質があり、販売開始(更地)から完成までのどのタイミングで購入の決断をするのか、という実に難しい問題があります。
複数棟の分譲住宅であればまだしも、1棟のみの分譲住宅であれば、誰かに買われてしまってはもうその場所で住宅を買う事ができないのです。
ランドアーズの所在地である名古屋市中心部のエリアでは、そもそも物件自体が少ないため、本当に早い段階で契約が決まってしまう事も少なくありません。
下に表示している写真をご覧ください。
これはまだ基礎工事の前段階で配筋の工程となります。

この物件は、この状態で契約が決まりました

地下鉄駅からも近く、スーパーやドラッグストアなどの周辺施設が充実、さらに保育園や小中学校などの教育施設も至近距離という事で好条件が揃っておりました。
ご夫婦の勤務先、通勤手段、ご実家の場所、お子様の通園・通学、そしてご予算と様々な角度からご検討いただいた結果、この物件が最適という事でご検討いただきました。
建物についてはご覧の通り未完成のため、建物をプランニングした設計士から直接ご説明させていただき、実際に完成した際のイメージをできるだけご理解いただけるようご案内致しました。

プランが近い完成した建物も実際にご覧いただき、最終的には写真の状態でご決断・ご契約いただきました。

なかなか、建築のプロでも無い方がこの状態でご決断されるのは難しいとは思いますが、ある程度の決断力がないと、自分の条件に近い物件を手に入れるチャンスを逃す事も考えられます。

現状把握と将来設計がしっかりされている方でないと出来ないこの決断力には、いつもこっそりと感動させられています。

このように、最終決断に至るようお手伝いさせていただくのが我々の仕事でありますので、完成前でもご遠慮なくご相談いただければ嬉しいです。

完成前の物件の場合、しっかりお客様にご説明しないと「こんなはずじゃなかった」と言われても困ってしまいますので、より慎重にご案内させていただいております。しっかりと説明を聞いた上で、「この物件はないわ」と判断できれば、それはそれで良い事じゃないですか。

ウチは「今日契約しないと無くなってしまうかもしれません」などとエゲつない事は言いませんのでご安心ください。(´艸`*)

ちなみに、このような早い段階でご契約いただくメリットもございまして、内装材や設備のセレクトや変更が可能となる場合があります。

本当に早い段階でのご契約となりますと、フローリングや建具の色も変更できたり、オプションで収納スペースを追加したり、クロスの色を変更したりと、無償の物と有償の物がございますが、注文住宅チックな対応が可能です。
例え色だけでも自分で選んだ物が具現化すると愛着も沸きますし嬉しいものです。

物件が全然ないー( ;∀;)、というエリアで住宅をお探しの方は、是非このような選択肢もご検討いただければと思います。

それでは皆様に良い住宅が見つかりますように♪

注目記事

オススメ記事

特集記事