1. HOME
  2. 不動産小話
  3. ローンにまつわる話
  4. 知らなかったではすまされない~団体信用生命保険は強制加入~
ローンにまつわる話
団体信用生命保険の話

知らなかったではすまされない~団体信用生命保険は強制加入~

住宅ローンとセットで考えるべき団体信用生命保険ですが、実はほぼ強制加入である事をご存知でしたか?

“団体信用生命保険”とは

フラット35を除くほとんどの金融機関の住宅ローンでは、”団体信用生命保険”という保険にご加入いただきます。
こちらは万が一、債務者(住宅ローンを組んだ人)が死亡または所定の高度障害状態になってしまった場合に、生命保険会社が銀行に対して債務の返済をしてくれるという制度です。
一般的に、この団体信用生命保険の保険料は住宅ローンの金利に含まれておりますので、別途保険料を支払う必要はありません。
これは住宅を購入する上でも大きななメリットとなる心強い制度なのですが、ひとつ落とし穴があります。

それは

保険に加入できなかった場合はローンも組めない

という事が起こりうるからです。
(前述の通り、フラット35はこの保険に加入する義務が無いので、保険無しで住宅ローンを組む事もできます。)
実はちょっと保険に入れるのか心配しています、という方のために、団体信用生命保険の告知書の内容をさらっとご紹介します。
金融機関によって異なりますので、あくまで一例という事でご覧ください。

団体信用生命保険 住宅ローン

“団体信用生命保険”告知書の内容

最近3ヶ月以内に医師の治療(指示・指導を含みます)・投薬を受けたことがありますか

「指示・指導」とは、医師の診察・検査を受けた結果、再検査をすすめられること、治療・投薬・入院・手術をすすめられること、日常の生活指導・勤務上の制限・アドバイス等を受けることをいいます。

過去3年以内に下記の病気で、手術を受けたことまたは2週間以上にわたり医師の治療(指示・指導を含みます)・投薬を受けたことがありますか

<心臓・血圧>狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、先天性心臓病、心筋症、高血圧症、不整脈、その他心臓病
<脳>脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)、脳動脈硬化症、その他脳の病気
<精神・神経>精神病、うつ病、神経症、てんかん、自律神経失調症、アルコール依存症、薬物依存症、知的障がい、認知症
<肺・気管支>ぜんそく、慢性気管支炎、肺結核、肺気腫、気管支拡張症
<胃・腸>胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病
<肝臓・すい臓>肝炎、肝硬変、肝機能障がい、すい臓炎
<腎臓>腎炎、ネフローゼ、腎不全
<目>緑内障、網膜の病気、角膜の病気
<がん・しゅよう>がん、肉腫、白血病、しゅよう、ポリープ
<その他の病気>糖尿病、リウマチ、こうげん病、貧血症、紫斑病
<女性のみ>子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、乳腺症

手・足の欠損または機能に障害がありますか。または、背骨(脊柱)・視力・聴力・言語・そしゃく機能に障害がありますか


という以上の3つの質問に

なし or あり

でお答えいただきます。

まとめ

全部 なし であれば、団体信用生命保険にご加入いただけます。
あり の場合には定期検診の結果や診断書・お薬の明細などをご提出していただき、あとは保険会社の審査となります。
正直、審査の内容は分からないため、どの程度のものであればOKなのか、判断が難しいところです。
健康診断なんて受けていれば高血圧だとか数値の異常だとか言われたりするのは珍しくないので、
あり に該当したとしても保険に入れないというわけではありません。
あくまでも程度次第という解釈です。

お薬手帳や健康診断書のコピーを提出する場合もあります。

※ちなみに②の「2週間以上にわたり」とは一連の病気やけがで、医師の治療(指示・指導を含みます。)や投薬を受け、転医、転科を含め、初診から終診までの継続加療期間で、医師の管理下にあった期間をいいます。(実際の診療日数ではありません。)過去3年以内に初診日がふくまれていない場合でも、継続加療期間が3年以内に含まれている場合は、告知が必要です。また、2週間分以上の薬を処方されているときは、「2週間以上にわたり投薬を受けたこと」に該当します。

この団体信用生命保険は家を買う上でも住宅ローンを組む上でもわりと大きな問題ですからね。
少し心配だな、という人はこの保険の審査を先行してする事も場合によっては可能です。
少し金利は上がってしまいますが、最近ではワイド団信という商品もあります。
より良い条件で住宅ローンをご紹介したいと思いますので、お心当たりのある方は是非ご相談ください。

それでは皆様に良いお住まいが見つかりますように。

注目記事

オススメ記事

特集記事