1. HOME
  2. 不動産小話
  3. ローンにまつわる話
  4. 過去に組んだ住宅ローンを借り換えるとリフォームができる!?~超低金利時代の住宅ローン借換メリット~
ローンにまつわる話

過去に組んだ住宅ローンを借り換えるとリフォームができる!?~超低金利時代の住宅ローン借換メリット~

超低金利時代に突入!?

それにしても住宅ローン金利が低いです。借りる人によって違いが出ますが、ここで言えないぐらい低い。
というわけで、5年前に新築戸建をご購入いただいたお客様の住宅ローン借換案件でお話をしてきました。

5年前を思い出しても、当時「これ以上下がらないでしょう」って銀行さんも言ってたんです。それがまぁまだ下がるんですかってズルズル下がって5年前のお客様が諸々の費用を組み込んで借り換え(既存の銀行から他行にローンを組みかえる事)をしても返済が下がるっていうすごい現象が生まれております。

5年もお住まいになりますと、棚を追加したいとか内装を変えたいとか諸々のご希望を皆様お持ちでいらっしゃいます。それが借り換えたら実は返済金額まで安くなりますよって言われたら詐欺のような内容です(笑)

良いところ目を付けました

ここに目を付けた当社は既存のお客様に住宅ローンの借り換えと同時にリフォームのご提案をさせていただいております。住宅ローンを借り換えるのと同時にリフォーム費用を組み込んでしまうという方法です。

意外とご要望をヒアリングしておりますとリフォーム内容も膨らんできまして、それなりの金額にはなるのですが、住宅ローンに組み込んで現在の金利で計算すると・・・それでも現状のお支払いより安くなるんですよね!(もちろん返済期間は伸ばしてませんよ)

ご提案したお客様みんなが「そんなうまい話があるのか?」っておっしゃるんですが、あるんですよね(笑)
めっちゃ怪しいでしょ?私もびっくりしましたもん。でも計算したらそうなるんですよ。
既にこの方法で何組か実績もありますので本当に良いところに目を付けたと自我自賛(*´▽`*)

①お客様はご負担無しでリフォームができて返済も減る
②当社はリフォーム工事を受注できる
③紹介した銀行は新規案件を受注できる
まさに三方よし!

でもそれは、誰かが損をしていないとおかしい・・・
それは既存の銀行です。既存の銀行からすれば貸出先が減りますのでダメージはあります。
でも
「今、もっと低い金利で貸せますので金利下げましょうか?」
とは言ってこないですよね。

そういう提案をしていないんだから、既存顧客にそっぽ向かれても仕方ないでしょう。
既存の銀行を紹介しているのも私なので多少の後ろめたさはあるものの、もう担当者も変わってるしお客様優先という事で無慈悲に借換案件進めさせていただきます!

実は名古屋って凄い激戦区!!

名古屋は本当に銀行の数が多いので、ある意味過当競争ですね。
あるメガバンクの方がおっしゃっていましたが、全国的に見ても名古屋の金利はトップクラスに低いらしいです。
なので、全国一律で金利設定されているメガバンクには相当に辛い営業エリアだという事でした。

きっと東京なら営業回らなくても案件来るのにと同情しながらも、あまりの金利差に彼に紹介できる案件はほとんどありませんでした(´_ゝ`)
名古屋はやはり市場が良いのか、他県の銀行がすごい勢いで開拓しています。
数字がついてる銀行とかAKBみたいな名前しているとことか強いです。地場の地銀もがんばっていると思いますが、やはり人員配置に差を感じますね。

他県から攻めてきている銀行は切り込み隊長じゃないですけど、ある程度若くて有能な人材が多い。
地場の銀行は・・・本当に申し訳ないですけど、左遷されました?|д゚)っていう、くたびれた人が多いですね。
これは各銀行の評価がそうなっているんだと思います、ローンセンターという部署の評価が高い銀行は我々も仕事を任せやすいし、逆なら大事なお客様を紹介しづらい。

不動産業は他の専門家との連携も非常に重要なので、良いチームを組んでお客様にご提案していきたいものです。

~まとめ~

住宅は購入してから色々見えてくるものもありますので、購入時はこういう家が良いと思っていても、ここが少し
気になるなぁ・・・なんてことも当然出てきます。
そういう時にこの記事を見て、もしかしてウチもリフォーム行けちゃう?なんてご質問もお待ちしております。
ご興味のある方はこちらでご相談を承っております(無料でシミュレーション作成致します)

是非皆様の生活がより良いものとなりますように。これからも記事配信を頑張っていきます。

注目記事

オススメ記事

特集記事